野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプルー」

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

正月明けにこんな食材が余ってました。

野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

鍋にしようと思って買ったチンゲン菜が丸ごと。
そしてパプリカが1個。
さらに賞味期限が2日過ぎた木綿豆腐(^^;)
全て一括で処理するのには、だいぶ傷んでるし、炒めるのが最適かなと。

あと缶詰では常備してるのが「スパム」♪
この食材と組み合わせることで、沖縄料理の「チャンプルー」は簡単にできますからね。
今日は、とーふチャンプルーを作りましょう。

スポンサードリンク

まずは豆腐はなかなか味が沁み込まないので、先に塩コショウで炒めます。
野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

チャンプルーは味付けが単純ですからね。
基本沖縄料理は汁もの飲んでもらったらわかるように、出汁にこだわりはありません。
またステーキなどの肉料理を食べてみても、そのソースの味は関西人の私には口に合わないものばかり・・・

豆腐は引き上げて、チンゲン菜、パプリカの千切り、スパムを炒めます。
野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

スパムから脂が出るので、あまり油はひかずにざっと中火で仕上げていきます。

今回使う調味料はこちら。
野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

基本、沖縄で食べるチャンプルーは、塩コショウ、そして醤油の味付けのみです。
しかし、私は料理酒、白だしで、味を調えますね。
あと今回チンゲン菜を入れてますから、醤油よりもオイスターソースにすべきかなと。
さらに私のチャンプルー隠し味はケチャップ。
これは焼いたスパムとケチャップの相性がめちゃめちゃええから。
試しに、スパムだけをフライパンで炒めて、ケチャップにつけて、ご飯食べてみてくださいな。とんでもない旨さですよ!

先に塩コショウして炒めた豆腐も投入します。
野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

チャンプルーの意味は、ごちゃ混ぜです。
このようにどんな食材を投入してもよくって、味付けは塩コショウ、醤油が基本。
誰にでも出来る料理なんですよ。

ではお昼ご飯にいただきます。
野菜庫の余った野菜を使ってスパムがあればできる沖縄簡単料理「チャンプル―」

うん、ちゃんと豆腐は下調理したのがよかったね。
塩コショウの風味がしっかりと主張してる。
野菜のシャキシャキさ、そしてスパムの油っこさ、全てが調和とれてる。
バランスよく仕上がってるチャンプルーやわ。

このように、スパムの缶詰(豚バラ肉の冷凍でも代用はできるがやっぱスパムの方が味がええ)をあらかじめ買っておけば、簡単に冷蔵庫にある食材でできるので、この料理は節約おとこ飯には絶好やと思います。ビールにも合うアテですよ。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。