「住みよさランキング」で第1位の千葉県印西市はセミリタイアに最適か?検証してみる

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

私は現在、旭川市に在住しており、この地から当面、別へ移り住むことはまずあり得ません。

ただ、日本全国、旅をすることは今後も続けていきますし、またその地が今後移り住むのに最適かはちゃんと見極めていきたいと思ってます。

「住みよさランキング」で第1位の千葉県県印西市はセミリタイアに最適か検証してみる

過去、様々な移住地を模索してきましたけど、あまり気乗りしないのは首都圏なんですよね。

なぜ?

家賃が高いから。

ただそれだけの理由です。

生活の便は東京23区内に電車で1時間程以内で辿り着けるような場所ならば、移り住むのもええかなとも思うんですが、家賃が高い・・・
横浜市やさいたま市も検討はしてみたんだけどな。

スポンサードリンク

そんな中、東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」ってのを目にしました。

それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたものです。

2017年6月19日現在の814都市(全国791市と東京23区)で、全都市を対象としたランキングです。

その第1位に輝いたのが今回記事にしました、千葉県印西市なんですよね。

まず、この地が東京で出かけるのに、時間がかからないか考察してみます。

位置的には成田空港のある成田市の西側、そして千葉市の北側ですね。
鉄道はJR成田線を利用することとなります。
しかし、東京駅まで行くとなると、1時間以上かかるんよな~
徒歩の時間も含めると、片道1時間半になることもあるかも。
立地的にはそんな便利な場所ではありません。

引き続き、家賃。
「住みよさランキング」で第1位の千葉県県印西市はセミリタイアに最適か検証してみる

いつものように、SUUMOの検索結果です。
まず物件数が少ないですね。
なんせ人口は10万弱の都市です、その数に比例しています。
それ故、家賃3万円くらいまでの物件を探すとなると、築30年近いアパートになります。
それに最寄り駅にも非常に遠い・・・

あと周りのスーパーなどの利便度。

グーグルマップで色々と表示させてやってみたけど、こりゃなんもないよなってとこ。
車がなければ、結構不便さを感じると思う。

以上、どう考えても、セミリタイアには全く向いていないという結論です。

それなのに、なぜ千葉県印西市が6年連続、この調査ランキングで1位になっているのか?

「住みよさランキング」で第1位の千葉県県印西市はセミリタイアに最適か検証してみる

それは、人口・世帯数の増加率が結構起因しているんですよね。
新興住宅地として、今後伸びていくような場所なんです。

なので、私のようなセミリタイア族ではなく、ファミリーで過ごすための環境として、ええ地がこのランキングでは選ばれていることがわかります。

今回の検証は全く参考にならない結果となりましたが、首都圏でも私の希望に見合う場所もあるのではと思います。
再度、家賃の安い場所を調査してみて、またこのカテゴリの記事を書きたいと思います。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。