無職の引き篭もり生活は実家暮らしでないと成り立たない?精神論で考える

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

私の実家は神戸にあります。

無職の引き篭もり生活は実家暮らしでないと成り立たない?精神論で考える

両親ともまだ健在で、幼稚園の頃からずっと同じ住所に立地しておりますね。
家は一度建て替えしておりますし、リフォームもマメにやってるので非常に綺麗。

スポンサードリンク

私が実家を出たのは、大学卒業して、就職した年でした。

それ以降、実家に舞い戻って生活はしたことはないです。
長い時で、あちこち住居を点々としているここ最近で、10日間くらい滞在した時かな?
大概は年に2,3回、その日数も2~3日間くらいです。

私は下に弟が2人いる3人兄弟です。

無職の引き篭もり生活は実家暮らしでないと成り立たない?精神論で考える

一番下の弟が実家を出てから、家は大幅にリフォームされたんですよ。
私が10代の時に長く暮らした、3階の北の部屋はオープンな広いベランダに改装されました。
親はこれから2人だけで余裕をもって過ごせるようにデザインしたんです。
つまり、私は実家で暮らそうと思っても、ベランダでテント暮らししなきゃなんない(^^;)

あとは客間しかないんよな~
もし兄弟3人とも結婚して、子供がいる状態で、お正月とかに兄弟全員戻って来たらどうなるんやろ?って思うくらいにスペースがない。
(私と一番下の弟は一人身なんで、なんとかなってます)

そんな実家ですけど、スペース(部屋)があったとしても、私はどんなにお金に困っても実家で暮らすことはしません。

何故なら、うちの親は厳しい(やかまし)過ぎるから(^^;)

あれこれ、もう生活態度に対して、ダメ出しが多過ぎるんです。
たまに戻っても、3日間くらいでイヤになりますね。
せっかく、人との煩わしさに嫌気さして仕事やめてセミリタイア生活に入ったのに、そんなストレス溜める生活はしたくない。

無職の引き篭もり生活は実家暮らしでないと成り立たない?精神論で考える

実家暮らしは家賃という固定費、光熱費という流動費がないので、セミリタイア生活には理想です。
しかし、それ以上に、精神的にストレスなく生きていけるかが重要。
ならば月々の支出よりも、私は精神的な安らぎ、そして自由度を求めますね。

それ故、これからもセミリタイア移住に最適な地を探し求めるシリーズは続けていきますし、
またその生活は1人だけ暮らすってことではないかもしれないです。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。