こいつキレやすい・・・こう思わせた方が人生うまくいくと思う

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

以前、私がサラリーマン生活で心掛けていた演技って記事を書きました。

コミュ障な私がサラリーマン生活でずーーーーっと心掛けていた仕草(演技)
先日、こんな記事を書きました。 私のこのブログをご覧いただいている方は、私をコミュ障人見知りではない、偽装だって思われている方...

コミュ障人見知りを、いかに社会生活でひた隠しにしてきたかってことです。

こいつキレやすい・・・こう思わせた方が人生うまくいくと思う

そしてもう1つ、演技というか、大げさに感情を爆発してたことがあるんですよね。

ふざけてでも、人から見下された態度をとられた場合、とことん歯向かうってこと。

スポンサードリンク

コミュ障人見知りの学生時代は、私は何を言われても黙って閉じこもるしか能のない人間でした。なので、そんな私を見て、こいつなんでも言うこと聞くやつやって、適当に小間使いできる人間に扱われてきた。

やっぱこれもどうにかしなきゃって思ってたんですよね。

どうしたか?

ちょっとした仲間での揉め事があると、先頭切って、噛みついていくようにしたんですよ。10代後半、悪い仲間との交際があったときも、見知らん人間とよー喧嘩しました。

キレる自分を演技しだしたんです。

こいつキレやすい・・・こう思わせた方が人生うまくいくと思う

するとやっぱ一目置かれるようになるんですよね。
普段は愛想のええ感じやのに、人が変わったように、言葉遣いも変わる。

それはサラリーマンになってからも、続きました。

ワンマン社長に対して、こいつ絶対に言うこと間違ってるわって思ったときは、言葉で歯向かいました。論理的に話詰めていって、論破する戦法です。周りが怖がってなにも言えずに退社していく中、私はそんな人間でした。

その後転職してからもそうですね、ちょい見下されたことがあったら、上司であっても、取引相手先の企業の人間であっても、ボロカスに言って論破してきました。

そんな自分を見せることで、周りは100%、私自身を舐めた目で見なくなります。こいつ、ちょっと注意しても、キレられるんじゃないかって思われる。

小中学生時代の、あの舐められまくってた私とは大違いです。

先日、悲しい事件がありました。

富山で警察官の拳銃を奪って、警察官と学校の警備員さんの2名が殺害される事件です。
あの犯人も、カッとなると、見境いなく、感情をむき出しにしたみたいですね。

10代後半から現在に至る私も、似たような感じにみられていると思います。
しかし、大学生時代以降、手は出すようなことはしなかったですね。
言葉で相手を論破するってことを心掛けましたし、それでダメなら相当汚い言葉で相手を罵ります。
するとそれ以上の争いにはなりませんでした。

こいつキレやすい・・・こう思わせた方が人生うまくいくと思う

キレるという行為はサラリーマン生活上、あってはならない行為だとは思います。
しかし自身ストレス溜めて鬱になるくらいなら、周りに歯向かった自分を見せてみてはいかがでしょうか。
それで辞める結果になったとしても、ほんの少しの後退です、またそっから前に進めばいい。
私は舐められるよりも、恐れられるほうが、まだマシだと思ってます。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。