流動費の節約はストレスのもと・・・固定費を断捨離することで解消させておこう

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

セミリタイア生活はいかにミニマリストに徹して、節約して生きていくかにかかっていると私は思います。

しかし、節約生活と言っても、何もかもを切り詰めることだとは思っておりません。

あなたは保険金掛けられて殺される男?自分に当てはまるようなら気をつけろ

それは、固定費と流動費をいかにバランスよく配分するかによって、そのセミリタイア生活のストレスを半減させていくかにこだわろうと思ってます。

スポンサードリンク

流動費として、食費や交際費などが挙げられます。

あなたは保険金掛けられて殺される男?自分に当てはまるようなら気をつけろ

私にはこの流動費として、旅費も含まれますね。
その旅費を含めて、食費は一切ケチることなく、死ぬまで生きていこうと思ってる私。
私のストレス解消はこの2点なんですよ。
ただ、貧乏旅を企画するのも大好きですし、食材の調達も半額見切り品などいかに安く且つ質を高くええもんを作るかを追究しております。

他人がやってるような旅行よりもいかに費用を抑えた旅行にできた結果、安く購入した食材を使ってもその辺の店で提供されているような料理を作ることができた結果、私の満足感をめっちゃ充足させてくれて心の癒しになるんですよね(^^)

但し、それだけ流動費で満足する結果ばかり求めていると生活費はどんどん嵩み、いずれ破綻します。

そこでずっと考えているのは固定費の節約。

一番でかい出費は、家賃でしょう。

あなたは保険金掛けられて殺される男?自分に当てはまるようなら気をつけろ

私がもし現在1人生活をしていたならば、大阪で家賃2万円台の部屋を探していたと思います。
けど旭川2人生活になって、現在この固定費は一切私にはかかっていません(私が出す生活費は別の流動費が担当です)。

あと通信費はポケットWi-Fiのみでの運用に切り替えておりますし、車も持たない生活も続けております(相方は軽自動車を所有しておりますけど、私はノータッチ^^)。

常に固定費を抑えた生活を心掛け、趣味に該当する流動費を多めに予算をつぎ込む・・・私のセミリタイア生活はこれで成り立つと思っております。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。