凍てつく極寒旭川を飛び出し南方へ!「熊本市」でのセミリタイア移住生活を考えてみる

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

このシリーズもしばらくご無沙汰いたしました(^^;)
なんせ、全て検討できそうな都市は出し尽くした感はありますからね。
ここまで、一番最適な貧乏セミリタイア都市だと思っているのは「大阪」。

東京と比べての家賃の安さが魅力♪大阪での貧乏セミリタイア移住生活
http://bkyugourmet.net/osaka_ijyu/

なので大阪の衛星都市を取り上げていくのも面白いかと思いました。

大阪府では賃貸の月額が低く大阪市内へ外出するにも便利~「東大阪市」へのセミリタイア移住は?
私がセミリタイア移住するのに、一番最適な地であると現在結論づけているのは「大阪市」。 家賃・物価の安さ、生活の便利さ、気候、3...
大阪と神戸・・・両方の都市へ出掛けるのに便利!「尼崎市」でのセミリタイア生活
貧乏セミリタイア生活を送る上で、一番暮らしやすい都市を探すシリーズ。 このブログでも以下のカテゴリで、連載しております。 ...

ただやっぱり、もう少し全国規模で掘り下げて考えていかないとね。
現在、旭川で寒くて雪に憚られて動けない生活を強いられておりますので南方の都市を目指しましょう。

今回は「熊本市」です。

凍てつく極寒旭川を飛び出し南方へ!熊本市でのセミリタイア移住生活を考えてみる

九州では、福岡市、北九州市に次いで、人口の多い都市です。
その人口数は70万人。

スポンサードリンク

私も過去の旅では何度か訪問している地ではあるんですよ。
街の雰囲気、繁華街の規模の大きさも申し分ない。
また訪問してみたい観光地でありますね。

なんと言っても、好きなのがこれ。
凍てつく極寒旭川を飛び出し南方へ!熊本市でのセミリタイア移住生活を考えてみる

「熊本城」です。
私は全国のお城、ニセ城(本来江戸時代以前にはその地に存在しなかった城)も含め、あちこち城めぐりをテーマにしております。

城めぐりカテゴリ
http://bkyugourmet.net/travel/siro/

ニセ城シリーズ
http://bkyugourmet.net/travel/nise/

その中でダントツに一番好きなのが「熊本城」なんですよ。
そのシンボルが繁華街からどこでも見ることができるのは魅力的。
(現在は地震の修復中で、その姿は拝められないですが。。。)

では家賃という観点から、その住みやすさも分析してみましょう。
凍てつく極寒旭川を飛び出し南方へ!熊本市でのセミリタイア移住生活を考えてみる

いつものように、SUUMO(http://suumo.jp/)での検索結果です。
家賃2万円台の物件は結構あるように思いますけど、どれもが老巧化しておりますね。
その点、同じ九州、福岡市で家賃2万円台の物件の方が探しやすいと思います。
それに都会の便利さって観点からも、福岡市の方が住みやすい。

あとさらに家賃が安いって観点からだけで選択するのであれば以下の都市です。

全国規模で見て家賃最安地帯の大分県国東半島・・・月5000円という家賃を再び検証してみる
先日、とてつもない家賃の都市、大分県杵築市をご紹介しました。 そして、この地域、杵築市だけではないんです。 ここ大分県の北東...
やはりすごい!杵築市は月額家賃1000円の物件が存在するゾ!
先日から、セミリタイア移住生活地として、大分県の国東半島を集中的に特集しております。 私は、車を所有していれば、ホント...

家賃1万円以内でこの綺麗な物件が豊富にあるのは、セミリタイア族にはめっちゃ魅力的。ならば私はこっちの大分県杵築市を選択するな~

というわけで、熊本市でのセミリタイア移住は、九州の中でも、福岡市、杵築市を超える魅力はなかったですね。
九州は他に、長崎市、鹿児島市も検討してみようかと思ったけど、同じ結果かな・・・
九州移住シリーズはこれで最終回とします。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク