実家でいただく慣れ親しんだ料理シリーズ~お好み焼き(その2)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

関西をずっと離れていて、久々に戻ってくると必ず食べたいものがあります。

実家でいただく慣れ親しんだ料理シリーズ~お好み焼き(その2)

そのグルメは粉もん。
特にたこ焼きが多いですね。
関西以外の地域でたこ焼き食っても、その生地に使われている出汁の味がイマイチなんよな~
なので、関西に戻って来ての久しぶりのはしご酒なんて、1軒めには、タコ焼きテイクアウトして、コンビニでビール買って、公園で飲み始めることも多い(^^)

ただ、今回の短い神戸滞在では体調不良と雨続きの気候で、外食では一切酒を呑む機会がありませんでした・・・

スポンサードリンク

但し、実家での晩酌では、お好み焼きをしてくれましたよ♪
実家でいただく慣れ親しんだ料理シリーズ~お好み焼き(その2)

3日でも滞在期間があると、必ず、たこ焼きか、お好み焼きをしてもらうようにリクエストしてます。
お好み焼きは関西では、あまり外食でいただく食い物ではないですよね。
家で作っていただくグルメ。
外食で豚玉700円なんて値段見ると、こんな原価安い食い物がなんでその値段なん?
って思ってしまいます。

うちの実家では、あまり凝ったお好み焼きはしません。
実家でいただく慣れ親しんだ料理シリーズ~お好み焼き(その2)

あくまでオーソドックスな豚バラ肉だけのお好み焼きです。
こういう下町雰囲気の粉もんいただくんが好き。

但し、私のお好み焼きだけは、そばを入れたモダン焼きにします。
実家でいただく慣れ親しんだ料理シリーズ~お好み焼き(その2)

油多めでパリパリにそばを焼いて、お好みに加えたこの味が一番好き。
これは私の小さい頃からあった、実家の焼き方ではないですけどね。
両親はこんな食い方はしません。

この日は3枚いただいて、缶ビール2本空けました。
よく関西人はお好み焼きをおかずに、ご飯をいただくのが常識のように思われてますけど、
私の実家ではそんな食べ方はしませんでしたね。
なので、私は大人になってからも、そういう食べ方はしないな~、違和感ある。
お好み焼きにはやっぱビールでしょ!

そんなこんなのお好み焼き・・・
けど、次の滞在地ではまた、自分で凝ったお好み焼きをちゃんと作ろうっと!
今からの季節、牡蠣がゴロゴロ入った、岡山日生のような「かきおこ」がええな~
また、そういう食事風景が、このブログで登場するかもです(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。