セミリタイアを決断するタイミング・・・人生においてターニングポイントはどこ?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

私は、50歳手前でセミリタイアを実行に移しました。
但し、このタイミングにしたのは、以前から考えていた時期ではありません。

セミリタイアを決断するタイミング・・・人生においてターニングポイントはどこ?

各個人によって、仕事を退職する時期ってのは全然違うでしょう。
定年という期限が決まっている企業に属していれば、自身であまり考えず、勤め上げる方もおられるでしょうし、早期退職制度で多めの退職金をいただき悠々自適なリタイア生活を送る方もおられると思います。

私の父親は、55歳で早期退職して、その後は一切働かず、完全リタイア生活を現在も続けております。
ただ、子供3兄弟をちゃんと育て上げ、全員を大学卒まできちんと教育させてくれました。
仕事もそうとう我慢して、努力して続けてこられたでしょう。
私自身、感謝の言葉しかないです。

スポンサードリンク

セミリタイアをする上で、大きく違ってくるのは、独身か家族持ちかということです。
成人していないお子さんがいると、そんな決断は出来ないと思います。
定期的に入って来る収入がないと不安感は募るばかりですよね。

しかし、独身は非常に残り人生にかかる資金ということは読みやすいです。
1年間に使う支出も過去5年くらいから換算して、自身の余命、そして年金を受け取る年齢、毎月受け取れる金額を計算します。

例えば、月10万円生活、年間120万円+臨時出費20万円=計140万円で1年間生活するとしましょう。
55歳で完全リタイア生活を初めるとすれば、65歳の年金が受け取れる時期までに、単純計算で1400万円必要です。
但し、もし月5万円のなにかしら収入があれば、800万円の資金で充分、貧乏セミリタイア生活が成り立つんですよね。

セミリタイアを決断するタイミング・・・人生においてターニングポイントはどこ?

こうして考えると、完全リタイアやと、あと何年と我慢して仕事を続けなきゃいけないかってのが、だいぶ気が楽になりませんか?

なので、私は、本業以外に、ダブルワーク、トリプルワークに取り組めと薦めるわけです。

で、私のセミリタイアのタイミングですね。

セミリタイアを決断するタイミング・・・人生においてターニングポイントはどこ?

冒頭で述べましたとおり、本来はここまで早めることは考えてなかったです。
年収+副業、おそらく55歳くらいがその到達する時期かなと思ってました。

しかし、それを早めた理由は?

多分ね、自身の余命は、日本人の平均年齢生きることはできないです。
45歳超えてからの体の衰えがすさまじいんですよね。
今年、仕事をやめて、大阪~鹿児島間ママチャリ旅で、
約20日間で1200㎞を走破した私ですけど、これが最後のあがきの体力やなかったかなと思います。
こんなこと、50歳超えてなんて、絶対ムリやったでしょう。
今まだ元気なうちに出来ること、将来できないことをやり遂げたい。

なので、全く現在の状況ではセミリタイア生活を悠々自適に過ごせる資金がないにも関わらず、そんな生活に踏み込みました(^^)

あとはどれだけ、ダブルワーク、トリプルワークの収入を増やすことかにかかってきてますね。
そのための毎日の努力は結構しておりますよ。
札幌セミリタイア生活、遊んで暮らしているわけではないです。

というわけで、ダブルワーク、トリプルワークの必要性を問う記事になったわけですが、
また次回、1つの仕事に固執するリスク、危険性について記事を書きたいと思います。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】
スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。