過去一番病んだ仕事を振り返ると・・・なんて幸せなセミリタイア生活を送ってるんやろ♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

先日、私はコミュ障ではあるがそれをいかに克服して、サラリーマン生活を過ごしてきたかを記事にしました。

コミュ障な私がサラリーマン生活でずーーーーっと心掛けていた仕草(演技)
先日、こんな記事を書きました。 私のこのブログをご覧いただいている方は、私をコミュ障人見知りではない、偽装だって思われている方...

ただそうは頑張って仕事をしてきていても、30年もやっていると何度もつまずいております。

過去一番病んだ仕事を振り返ると・・・なんて幸せなセミリタイア生活を送ってるんやろ♪

ただこれは誰しもが経験することでしょう。
順風満帆に仕事を続けることっていかに難しいことか・・・
私自身、生涯3社で従事しておりますけど、その転職もそれなりに理由があります。

スポンサードリンク

今回、そんな仕事を続けてきて、病んだ出来事について記事にしたいと思います。

私は大学卒業後は文系マスコミ系の勉強もしてきたので、出版社に就職しました。
しかしその会社は神戸の大震災で建物自体もですが、経営も傾きます。
社員はどんどんやめて、私の業務量も半端なく膨大に膨れ上がりました。
ただまだ20代と若く、エネルギッシュに活動もでき、がむしゃらに仕事に従事しました。
なので、今思えば二度とやりたくない仕事ですが、結構思うがままに人も動かせたのでストレスは溜まってなかったと思います。

しかしがらりと業務を変えて転職し、システム関係の技術職へ。
前日の記事にも書きましたが、24時間体制システム運用の仕事に従事します。

そこで経験を積んで、普通に日中の仕事へ配置転換を命じられたんです。

ただ、それが失敗でした・・・

過去一番病んだ仕事を振り返ると・・・なんて幸せなセミリタイア生活を送ってるんやろ♪

それまではサーバ系のシステム運用の管理をやって来て、あまりネットワーク系の知識なくても大丈夫やったんです。
しかし新たに配置された部署ではネットワーク系が中心で、普通にCatalystスイッチとか扱ってたんです。
ホント何も分からなくて・・・
さらにうちの会社からはリーダー的な立場でその企業に嘱託で赴任したんですよ。
一番の長がなにも技術的なことが分からない・・・

めちゃめちゃ悩みましたね。
直属の課長にも私には無理だ、会社やめたいと相談しました。
けどなかなか次の人間も見つからなくて。

仕事外でもCiscoのスイッチについて、勉強も必死になってしました。
けどね、やっぱこいつはスキルないって、その嘱託先の職員からもいじめられるように・・・

ある日、それが爆発しました。
職員から呼び出され、「ある設定、これなんでこんなことしたのか?」って問い詰められたんです。
必死になって正当な理由を説明しても認めてくれない。
ここでプツンっと切れちゃいました。

「ええかげんにせえよ、このボケ」

・・・言ってしまいましたね(^^;)

過去一番病んだ仕事を振り返ると・・・なんて幸せなセミリタイア生活を送ってるんやろ♪

取引先の職員にそんなこと言っちゃったんです。
もう別にこの会社、クビになってすぐにやめてもええわって気持ちです。

しかし相手の職員さんが私の言葉に相当びびったんですよ。
別になんの問題にもなりませんでした。
ただ、私も上司の課長にこんなこと言ったと報告し、もう続けられないと改めて辞職の意を伝えました。

上司の課長は私の仕事を認めてくださる人でした。
「2か月でええからなんとか我慢してくれ、それまでに別の人間を探すから」と説得され、私はその嘱託先で勤務しましたね。
その取引先の職員からはその後いじめ・いやがらせみたいなことは、1回切れた私の目を見てなくなったのが救いでした。
あと、まあ私から別の人間に交代するってことも聞いてたみたいやし。

顧客・取引先に対してブチ切れたのが、これが最初で最後の経験でしたね。
あとはないです。
そこまで追い詰められて、ほぼ自身が鬱状態になってたと思います。
私は病院嫌いなので行きませんでしたが、精神科に行けば明らかにそう診断されたでしょう。

あの時の自分を思い出すと、今はホント幸せ過ぎる毎日を送っていると思います。
またあれ以上に嫌な仕事に就くことも絶対にないでしょう。
それ故、新たな就職(アルバイト程度ね)活動も頑張ってみることにしよう。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。