関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

自身、さらに上達したい海鮮料理があります。
それは魚の煮付け。
ここ北海道では、とんでもなく濃い~味付けの海鮮の煮付けなんですよね。
醤油も濃い~し、さらに砂糖ドバドバの味付け。
なので、外で定食屋に行ったとしても、私はこの北海道の地では魚の煮付けを食べません。

なので食べるなら、自身で関西風の薄味煮付けを作ろうと思いました。

関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

その食材に使うのは、黒ソイです。
本州ではまず見かけない魚ですね。
白身の美味しい魚で、北海道の回転寿司屋ではちょこちょこ安い値段で見かけます。
この2尾で税込み240円と激安でした。

スポンサードリンク

普通は魚の煮付けにここまでは誰もやんないでしょう。
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

しかし私はしっかりと、鰹と昆布で出汁をとります。
関西人の命・・・和食の基本です。

黒ソイちゃん。
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

煮付けはどんな味やろね~楽しみ(^^)

あとは基本どおり。
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

料理酒、みりん、醤油、砂糖で味付け。
北海道民にはなにこれ?って思われるくらいの薄味ですけど・・・(^^;)

隠し味に・・・
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

この煮干しっ子で、風味を与えますね。

アルミホイルで落とし蓋をして・・・
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

火を通したあとは冷ましてを繰り返して、ひっくり返しつつ、身に味をつけていきます。

あ、見切り品50円やった椎茸もあったんで・・・
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

これも煮付けていきましょう。
椎茸の旨味も黒ソイに合うかもしれんしね。

完成品。
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

関西らしい煮付けに仕上がったと思います。

ちょっと見た目が悪いが・・・
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

2匹フライパンに並べるにはしっぽは邪魔やったんで、先に切ってます。

食べてみる。
関西風の魚の煮付けと北海道の煮付けはどう違う?北海道ならでは「黒ソイの煮付け」

うーん・・・煮付け汁の味の沁み込み具合がイマイチ。
そうカレイと違って、この黒ソイは身が分厚いからな~
北海道の煮汁なら不要やけど、この関西風煮汁なら、十字に切り込みを入れるべきやったわ。

しかし、煮汁にしっかりと浸しつつ食べたら、めちゃめちゃ旨い。
道産子の相方には物足りない味付けやと思うけどね(^^;)
今度、子持ちカレイも煮付けにして食べてみよう。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。