サービス残業しまくりの社畜時代・・・今の私には考えられない

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

いかにも怠け者のように見える現在の私ですけど、20代の頃はがむしゃらに働いてました。

以下の記事で、その旨、少し触れましたよね。

「カイジ」ダメ人間・クズ人間がこぞってハマる漫画・アニメ~利根川のその言葉が心に沁みる(前編)
最初に断っておきます。 私はダメ人間・クズ人間です。 社会のルール・規範から常に逸脱した行動をとり、 怠けられるところでは、徹...

阪神淡路大震災で死への悟りを開き、私の仕事に対する取り組み方も大きく変わります。

サービス残業しまくりの社畜時代・・・今の私には考えられない

生活を成り立たせる中で、お金って必須なもんですけど、あくまでプライベート重視、仕事で普段の生活が圧迫されるような職には就かなくなります。

スポンサードリンク

私の20代前半はインターネットなんてなかった時代でした。

外部からの情報源も、テレビや新聞のマスコミ関連、身内の者や友人関係からの口コミだけ。
金儲けの術としては、サラリーマンやアルバイトで稼ぐことしか知りませんでしたね。

大学卒業後入った会社は、小さな出版社。
なので、執筆、編集だけでなく、事務、電話応対、イベント運営の設営や進行などなんでもこなさなければならない会社でした。
繁忙期が年に何回もあって、その時期には、夜23時くらいまで残って仕事をすることも多かった。

サービス残業しまくりの社畜時代・・・今の私には考えられない

そして、その残業代は?

一切出なかったんですよ、とんでもないブラック企業でした。
仕事内容自体も、なんでもやりましたから次から次へ、怒涛のように1日が過ぎていきましたしね。
30代になって、情報システム系の技術職に転職するんですが、その後の仕事はいかに生ぬるいかと思ってるのかは、20代にやった仕事と比べてなんですけどね。

ただその出版社は、収入はよかったんですよ。
周りの大学時代の友人は、大卒5年目くらいで年収500万弱くらいの中、私は700万弱もらってました。
役職も周りがその仕事環境の悪さでどんどんやめていく中、事務局ナンバー2の座まで上り詰めましたしね。

ただ阪神淡路大震災で神戸市役所のすぐ近くにあったその会社は半壊する影響を受けました。

この模様は以下のブログで触れましたので、興味ある方はご覧ください。

阪神淡路大震災から19年目のこの日
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-2766.html

阪神淡路大震災から20年経ちました(当時の日常生活編)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3130.html

阪神淡路大震災から20年経ちました(当時の仕事編)
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3131.html

震災での再建で借金を多く背負ったちっぽけな企業の行く末なんて、儚いもんです。

私はホント、早くに社畜から抜け出せてよかったと思います。

サービス残業しまくりの社畜時代・・・今の私には考えられない

今はネット社会、多くの自身のためになる有益な情報が出回っています。
会社勤めで働くだけで人生を終える・・・そうはならない生き方を探してみませんか。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。