北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

北海道旭川に移り住んで、寒い寒い冬を迎えております。

北海道の冬の食材として、必ず海鮮コーナーのメインに並んでいるのは「真鱈」

はっきり言って、本州で並んでいるタラと比べても、プリプリした身のモノが陳列されていますね。
そして1月下旬の厳しい寒さになってくると、真鱈の白子もよく並んでいるんですよ。
但し、北海道産獲れたての白子となると、100gで400円は覚悟しなくちゃいけません。

しかし、コープでこの値段で売ってる真鱈白子を発見。

北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

100g298円ですので、この値段では北海道産は手に入りません、アラスカ産になります。
で、小さい頃から新鮮な鱈を食べ慣れている相方に目利きしてもらうと、刺身でも充分食べることができるとのこと。
なので購入してみることにしました。

スポンサードリンク

北海道民は真鱈白子(たち)は、こうして刺身にして食べます。
北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

とは言っても、ほんの少し湯通しはしてますよ。
食べてみると。。。そのプリプリした身とまろやかな風味!!!
うん、本州ではなかなか食えない味やわ。

あと、私の夢は、白子(タチ)天ぷらをいただくこと。
なかなか家ではできない天ぷらなので、どこかお店へ食べに行きたいです。

これだけやとこの記事短いですから、他の最近食べた海鮮食材を・・・

小川の生うに。
北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

980円のが半額で490円になってました。
しかし、カナダ産のミョウバン処理されているウニやから、めっちゃ苦かった。
北海道の塩水うにを食い慣れている相方はこれはウニの味じゃないって言ってましたね。

刺身用赤えび。
北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

これも半額199円。
海老はこのくらいのボリュームが生でも欲しいね。
ホントはボタン海老のでっかいの食いたいけど、北海道でも値段高いからな。

そして鯨ベーコン。
北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

1580円のものが、ナント70%引きで、474円!!!
元の値段なら絶対に購入することがない高級ナガスクジラベーコンです。

これで約半分の量ですから、たっぷり入ってました。
北海道では真鱈白子(たち)は刺身で食うことが多い!他の海鮮食材もご紹介

食べてみると、赤身の部分と、脂の部分の味が全然違います。
普段食べている安物やと鯨独特脂の臭みを感じますけど、このベーコンにはそんな味は一切感じません。

以上、最近食べた、海鮮珍味もの特集でした♪

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。