相方が入院!久しぶりの1人生活となってアラフィフおっさんどう感じたのか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

10月末に、この旭川生活のパートナーである相方が入院いたしました。

相方が入院!久しぶりの1人生活となってどう行動するのか?

あ、とは言っても、急に具合が悪くなってではないですよ。
以前より調子の悪い箇所が何年もあって、今回その改善を手術によって打開を図ることに。
事前から決まっていたんです。

スポンサードリンク

入院して翌日、全身麻酔によって手術は実施されました。

結果は・・・無事に成功(^^)
1日間のICUでの観察結果、翌日には通常病棟に移されました。

で、私ですが、このブログで何回か申しておりますとおり、病院嫌いです。
歯医者以外では、病院に入院どころか、通院も成年になってから1回もしておりません。
仕事で病院のシステム関係の仕事に携わったこともあるんですけど、その雰囲気がイヤで退職したこともあるくらいです。

そんな私ですが、面会には行きましたよ。
結果、1週間の入院中、2回だけになってしまいましたけど・・・(^^;)

さすがに通常病棟に戻った時はほとんど身動きが取れない状況で、もう髪の毛もボサボサでヤマンバみたい。そしておしっこも管を通してやったし、オムツを履いた状態でした。
そんな状態を、ほら上島竜兵みたいだろ?って見せびらかして笑いをとろうする相方を見て、あ~この1年でこういう仲になったんやなってしみじみと思いました。

私がこの旭川生活を決断したのは、夫婦漫才ができるような素晴らしいお笑いセンスのある相方がいたから。
ボケとツッコミのタイミングの入れ方が、関西でもここまでできる女は100人に1人もいないくらいの才能があります。
普段の生活でも、私がボケたり、イヤミ言ったりすると、見事にツッコんで頭はたいてきますし、ノリツッコミもここまでやれたら完璧だなって思うことも多々。

8月にB’zのライブが札幌であって、相方と相方友人の2人を送迎する運転手役を私がやったんですけど、その車中で私と相方の会話を聞いてたその友人は、ずっとまるで漫才を聞いているかのようであったと言ってたらしいです。

その相方が昨日退院して、家に帰って来たわけですが、まあ入院中の鬱憤(あちこち愛想よく過ごしてた)も溜まっていたのか、もう文句と意地悪のオンパレードでしたね。

私が家の中ちゃんと整理できない男であることは以前にお話したことがあります。

整理できる女と整理できない男・・・その共存生活は成り立つの?
私と現在、生活を共存している相方とでは大きな性格の違いがあります。 私はO型のおおざっぱでええかげんな性格。 別にその辺どん...

さすがに1週間の1人生活であっちゃこっちゃ、モノが散らかしっぱなしでした。
「住む人間が違うとこうもまあ家が廃墟になっていくもんか・・・」などと文句言われつつ、掃除機かけて整理して見違える部屋になっていきました。

それにですね、手術で縫ったとこまだ抜糸はされてないんですよ、それ見せて、「ほらほら、フランケンみたいっしょ~」って痛そうな傷跡みせて、嫌そうな顔する私みて意地悪そうに笑ってるし。
そして「フガフガフランケン♪ザマスザマスのドラキュラ♪そうでガンスの狼男♪」ってずっと歌ってるしな~(^^;)

まだまだ手術傷跡も痛いみたいで大変そうですけど、とにかく元気で明るいうちの太陽が戻って来ました(^^)

病棟の同じ部屋のおばちゃん連中にも可愛がられたみたいで、いなくなるの寂しいからもう1晩だけでも入院していきって引き留められたらしいです。

私自身にないもんをいっぱい持っているこの相方がいてくれて、またこのセミリタイア2人生活が戻ったことに自身の幸せを感じますね。
本当にいつもありがとう、感謝しております(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。