韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

11月に韓国ソウルへ旅行に行って来ました。
その出国時にめっちゃやばい状況が発生したんですよ。

オンライン予約時に、姓と名を逆に入力してたんです!!

韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

「搭乗できません」って受付のおねえさんに言われて、目の前が真っ暗になりました。
けど、今回利用したイースター航空は、変更手数料(2200円)を支払うことで、なんとかなりました。

スポンサードリンク

で、なんでこんなミスをやらかしてしまったのか?ですね。

それは韓国での名前ローマ字の綴りです。

日本では、例えば「冴羽 僚」って名前の場合、「RYO SAEBA」ってローマ字で書きますよね。
しかし、韓国では姓名を入れ替えることなく、「SAEBA RYO」って書くんですよ。
ただ世界的にはほとんどの国がそうで、日本のようにひっくり返すのが特殊みたいですね。

しかし、LCC航空会社の予約画面を見てください。

まずこちらがアジア圏の大手「エアアジア」です。

韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

名が前で、姓が後ですね。

そして、こちらが「タイ航空」です。

韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

こちらも名が前で、姓が後です。

けど今回、私が利用した「イースター航空」です。

韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

LASTNAMEとFIRSTNAMEを入れろって書いてますよね。
私は普通に後の名前やからと「RYO」と入れて、最初の名前やからと「SAEBA」って入力しました。
これが誤りやったわけです。
この場合は、必ず姓を先に、名を後に入れねばいけません。

では別の韓国LCCもそうなのか見てみましょう。

韓国のLCCを予約する時は気をつけろ!ローマ字で姓名を逆に入力すると余計な出費が・・・

「エアプサン」です。
やはり、姓の方が先で、名が後です。
しかし「姓」「名」の表記があるんで、こちらはまだ間違える可能性は少ないです。

つまり海外の航空会社を使う場合、「名」「姓」の順番で、名前のローマ字入力を求める場合がほとんどですが、韓国の場合は逆になっていることが多いと注意してください。
特にイースター航空は英語で書かれていますから間違えやすいです、変更手数料を詐欺るためにこうしているのかって思ったくらい(^^;)
だって受付のおねえさんが「お前もまたか」って対応やったもん。

けど他の航空会社で、もし姓と名を逆にオンライン予約した場合どうなるのか?ですね。

これは各航空会社によって対応は違ってくるみたいです。
今回の私のように変更手数料をとる航空会社もあれば、今回だけはこのままでと手数料なくスルーしてくれるとこもあるみたい。
しかしさらに厳しいところは、キャンセル扱いにした上に、新たにチケットを購入しなきゃいけないとこもあるそうです。

というわけで、航空券を予約する時には、姓(LASTNAME)と名(FIRSTNAME)の順番は、一番気を付けて入力チェックするようにしましょう。
私も今回、2200円の授業料を支払ったもんだと思ってます。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。