海外一人バンコク旅行で遭遇したおっかなびっくり危険な出来事とは?いや~やばかったよ本当に

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

現在も外ごもりブログでは連載を続けております、バンコク1人旅日記。

http://bkyugourmet.net/travel/2018bankok/

いちお最終日までの旅日記は書き上がっており、毎日予約でアップしていってます。

その旅日記では書けなかった、やばい状況について今回記事にしてみようと思いますね。

海外一人バンコク旅行で遭遇したおっかなびっくり危険な出来事とは?いや~やばかったよ本当に

基本、タイは殺人や強盗など、体に何かしら危害を加えられるような犯罪に巻き込まれることはほとんどないと言ってええ国だと思います。
(しかしこれは日中、夜は日付を超えない時間での話、夜中にブラブラすることはやめておいたほうがええですね)
ただ、絶対に気を付けておかねばいけない犯罪は「窃盗」です。
すりや置き引きなども含めて、タイ国ではどこでも、盗むことは常習だという目で警戒しておいて間違いないです。
私自身も釣銭は何度か誤魔化されたなってことがあった滞在でした。
また日本語で声を掛けてくるタイ人もまた、ほぼぼったくり詐欺やと思ってください。
この国は仏教を崇拝してる人間がホンマに多いのか?って思うくらいですからね。

スポンサードリンク

そんな私がまず最初に危険なことを察知したのは、ドンムアン空港から最初のホテルへ向かう道中でした。

そのホテルに向かうには、国鉄と道路とをまたぐように作られた歩道橋のような通路を通らねばならなかったんです。

その通路橋を歩いてて、最初全然気づきませんでした。
しかし、ふっと、あ、ここタイ国鉄の駅だなと立ち止まって、その橋の上からそのドンムアン駅の風景を見下ろしたんです。

横目で気付きました!!

私の後をついてきて、荷物をひったくろうと忍び足で近づいてきてた男!!!

その通路に他には人がいなかったんで、大急ぎでダッシュで歌うたいながら、その通路先にあるホテルを目指しました。
これでそのひったくり犯らしき男も退散するやろと思ったんです。

通路先のホテルまで辿り着いて後ろを振り返ると、その男はいませんでした。
やっぱ、私の後をつけていたことは確実でしたね。
到着早々、荷物なくすとこやったわ、危ない、危ない。

海外一人バンコク旅行で遭遇したおっかなびっくり危険な出来事とは?いや~やばかったよ本当に

引き続き・・・

バンコクでもナンバー1にでかい商業施設、「セントラルワールド」に行ってました。
ホント巨大なショッピングモールなんで、歩くだけでも疲れてきます。
その時は、宿から宿への移動中やったんで、荷物もフル装備で持ってました。

そこで、ある座れそうなスペースがあったんで、その長いカウンターのような椅子に座ります。

で、私の10mくらい前に、私をじぃーーっと物色してるような50~60歳くらいのおっさんの姿が目にとまりました。
なんか気色悪いなって思いつつも、他にも客はいっぱい歩いてるし、またその長いカウンターのような椅子には何人か座ってるし、危害は加えられることないやろとさほど注意はしておりません。

しかしその10分後くらい・・・

その長いカウンターの横、私から見て左側5mくらい先に、そのおっさんが後ろ向きで座ってるんですよ。
まだ、それだけやったらええです、じわじわと少しずつ、私の方へ座る位置をずらしてくるんですよね。
私が気付いてないと思ったんでしょうな。
その近づいてきた瞬間に、私は即逃げましたよ。
多分、私のスキを狙って荷物を盗もうとした輩だと思います。

こんな感じでタイでは窃盗被害に遭遇することは必須って思ったほうがええくらいに、警戒しておいて間違いはないです。

海外一人バンコク旅行で遭遇したおっかなびっくり危険な出来事とは?いや~やばかったよ本当に

しかし実に刺激的な毎日を過ごせたバンコク生活でした♪

BTSで移動してる時によく見たCMです。

バンコクでもAKB48の姉妹グループ、BNK48はえらい人気でしたよ。

このCM見ると、あの滞在日々が懐かしく思えます(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。