日本の株高が私の人生最高に続伸中!しかしJ-REITは著しく逆に下落傾向・・・その訳とは?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

10月に入ってから、日本の株式はものすごいことになってますね。
日経平均が14連騰しており、21450円台です。

株高が歯止め効かない!しかしJ-REITは著しく逆に下落傾向・・・その訳とは?

高度経済成長期の1960年~61年以来、実に約57年ぶりというとんでもない記録です。
明日月曜、さらに続伸したならば、過去最長となります。

スポンサードリンク

そんな日本の株式にいくらか投資している私ですけど、全くその流れに乗り切れておらず、儲かっておりません。

それはなぜか?

結構な資金をJ-REITに投資しているんですよ。

投資家から資金を集めて不動産を運用して、得た賃料収入等を元に投資家に分配する金融商品ですよね。

株高が歯止め効かない!しかしJ-REITは著しく逆に下落傾向・・・その訳とは?

私、2015年くらいから、このJ-REIT関係の株式を多めに買ったんですよね。

なぜなら、2020年に東京オリンピックの開催が決まったやないですか。
その結果、不動産の価値は、その開催年まではどんどん伸び続けると読んだんです。

しかし・・・

以下が私も保有している、上場インデックスファンドJリート隔月分配(1345)。
ここ2年間くらいのチャートの値動きです。

株高が歯止め効かない!しかしJ-REITは著しく逆に下落傾向・・・その訳とは?

思っていたとおりに、2016年5月あたりにかけて値上がりしました。
しかし、その後は、歯止めが掛からない下落状況に陥っています。

そう、このJリート関係で保有している株式が、どれも含み損を抱える結果、私の資産は一向に増えることはありません・・・

他の商社や飲食業や銀行関係は、含み益があるんやけどな~

この下落の大きな要因と考えられているのは、金融庁が打ち出しているその政策です。

金融庁は「証券運用から確実に収益をあげようとするのであれば、リスクテイクに見合う運用・リスク管理体制の確立が必要」と地銀に指摘しているんですよね。

特に毎月分配型の投資信託REIT(海外も含めて)を販売抑制する厳しい傾向があるんですよ。

しかし、大幅に下落したリート関係は今が買いであるかもしれませんね。
現在の銘柄では、分配金の利率が4.5%を超える銘柄数が半数を超えてきているんです。
長期で保有していくのに、値頃感があるんよな~

というわけで、私は現段階でさらにJ-REITへ投資額を増やすことを考えてます(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。