既に旭川には冬の足音?昨年冬季うつ病になりかけた私のドカ雪マイナス15度旭川冬対策

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

お盆も過ぎて、北海道にはもう秋が訪れております。

最高気温は25度、最低気温18度っていったところが平均値。
晴れたら、湿度も低く、からりとしております。
まさに過ごしやすい日々を送っておりますね(^^)

既に旭川には冬の足音?昨年冬季うつ病になりかけた私のドカ雪マイナス15度旭川冬対策

しかし、そうも言っておられるのもあと2ヶ月くらいです。
すぐに冬の足音は聞こえております。

スポンサードリンク

昨年度、初めて北海道の冬を経験いたしました。

私は寒さに強く暑さに弱い体質なので、最高気温マイナス5度、最低気温マイナス15度の旭川生活もさほど寒さは厳しいか?って思った程度です。
ずっと旭川に住んでいる道産子の相方よりも、ストーブをつける機会はほとんどない。
気温35度の世界と、気温マイナス15度の世界、どっちかに住み続けなきゃいけないって問われたら、迷わず、マイナス15度の世界を選びます。
それほどまでに、北海道の冬には順応できていると思います。

しかし問題はです。

既に旭川には冬の足音?昨年冬季うつ病になりかけた私のドカ雪マイナス15度旭川冬対策

ホント外へ出ようとなんて思わないんです。
ずっと灰色の空に、その下には白く閉ざされた闇の世界・・・
何度か言っておりますが、日経平均が大幅下落を繰り返した2月には首を吊ろうかって部屋で考えてましたよ。
それほどまでに閉塞感はすさまじく、関西で結構行動的に暮らしてきた私には我慢の連続でした。

なのでこの2年目の冬を迎えるにあたり対策は施しました。

避寒です(^^)

既に旭川には冬の足音?昨年冬季うつ病になりかけた私のドカ雪マイナス15度旭川冬対策

避暑は必要ない、この北海道生活。
ならば逆をやっちまおうって思ったわけ。

既に2月頭から、旭川を飛び出すLCCは予約完了しております。
本州よりもさらに南の地方で、1ヶ月以上は暮らすつもり。
そして3月に入ると、比較的本州太平洋側では寒さは和らぎますよね、それに雪もない。
気温5度でも温かいと思う私ですから、なんてことはない。

ひとまず気分転換に脱出することを試みます(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。