海外での外ごもり生活とネットで資産を公開することのリスクとは?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

昨日、以下の記事を綴りました。

セミリタイアブログにおいて資産公開することの有効性とは?
終身雇用という日本昔ながらの雇用形態も崩れ、今ではインターネットを利用した儲け話もいっぱいありますし、また株式運用も20年以上前と比べるとお...

人気セミリタイアブログにのし上がるには、資産公開は必須の手段であると思います。
毎日考えるネタも、このことについて書くことができれば、助けにもなりますし。

しかし、私はやりません。

海外での外ごもり生活とネットで資産を公開することのリスクとは?

その理由について、今回述べさせていただきたいと思います。

スポンサードリンク

まず、その資産を公開するってことは、それだけのカネを持っていることを全世界にアピールすることになります。

金を持っている = その金を目当てに人が群がってくる

過去に発生した事件そして未来永劫、人間の欲望の結果、そうなることは目に見えています。
ドカンと流行りに乗じて儲けた人間が、散財して、今では没落した人生を過ごしているパターンってよくテレビでやってますでしょ。
そういう時、必ずその金目当てにすり寄ってくる人間の存在があります。

海外での外ごもり生活とネットで資産を公開することのリスクとは?

私自身、完全に老後まで過ごせるだけの資金ないままにセミリタイアしましたから、その額は微々たるもんですけど、その金の動きを公開することが怖いです。
セミリタイア後に、新たな人間関係を築くのも相当警戒していますね。
どこの馬の骨ともわからない輩に、私個人のプライバシー情報は漏れないように気をつけています。

で、よく思うのは、資産を公開したうえで、海外での滞在生活をオープンにしている方は勇気あるなって思います。

過去、こんな事件がありました。

2008年に、タイ・バンコクで、棚橋貴秀さん(当時33歳)が殺害される事件がありました。
その犯人は、そのタイ・バンコクで知り合った同じ日本人です。
この殺害した動機は、被害者の財産に目を付けて犯行に及んでおります。

棚橋さんって方は、FXトレーダーでそしてブログもやっておりました。
また、安田誠という著作名で「外こもりのススメ」という本も出版されているんですよね。
つまりFXやブログで儲けながら、タイ・バンコクでの外こもり生活を謳歌していたわけです。

海外での外ごもり生活とネットで資産を公開することのリスクとは?

まだ日本に在住しているとその危険度は低くなると思いますが、こういう東南アジア系で滞在中、その金目当てで寄ってくる人間って非常に多いと思います。
その渡航先で日本人といえど知り合いを作ると、惨殺される結果になる危険性をはらんでいるわけですよ。
タイでも何人もの日本人が、不労所得を手にして、向こうでのんびり生活をしている方も多いでしょう。
しかしその不労取得って、いつまでも永遠に順調に稼ぐことができるとは限らない。
すると知り合いの金持ってる人間を殺そうとまでは思わずとも、短絡的にその財産を狙う可能性は大きいわけです

以上のことを理由に、私は微々たる資産や月々の収支をブログで公開するようなことはいたしませんし、また旅でもリアルタイムにその滞在場所が分からないように注意しております。
旅日記を少しずらして書くのもその理由です。
札幌でのセミリタイア滞在でも、桑園近くで住んでいるように偽装してましたしね(^^)

今後、私の旅行は海外旅行が主となります。
しかしその旅日記は、必ずその旅行を終えて、日本に帰って来てからアップしていきます。
リアルタイム旅日記は、海外では決して書きませんので、その点、ご了承くださいませ。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。