セルフエスティーム(自分を尊重する気持ち)を高めるにはミニマリストに徹することが必要って本当?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

皆さん、「セルフエスティーム」って言葉をご存知でしょうか。

日本ではあまり聞かない言葉ですから、ご存知ない方が多いと思います。

日本語に訳すと、selfは誰でも分かりますよね「自分自身」です。
そしてesteemは「尊重する」という意味の動詞です。

つまり、「自分自身を尊重する」って意味の言葉なんですよね。

セルフエスティーム(自分を尊重する気持ち)が高いとミニマリストになれるって本当?

けど、この言葉を聞いて、日本人ならば、誰もが「自己中心的な考え方とする」と捕らえるでしょう。「自己中な人間」、嫌な奴って言葉で使われちゃいます。

しかし、この「セルフエスティーム」とはそんな意味ではないんですよね。

スポンサードリンク

説明します。
まずセルフエスティームが高い人は、自分自身を大切にします。なので、体調もしっかり調え、ジャンクフードなんて食べないし、しっかり運動して、睡眠もしっかりとり、長生きを心掛けます。
さらに自分と他人とは違うのだと、相手をけなすってこともしませんね、思いやりをもって接します。なので人間関係も良好です。

自身はできる人間と思ってますから、勉強などもしっかりし常に向上心があります。またそうして形成してきた能力に自信があるから、その言葉1つ1つにも重みがあり、仕事でも成功しますね。

自身の意見・主張に自信を持っているからこそ、他人の意見を尊重し、1つの物事に捕らわれません。頑固すぎる人や、周囲のことをコントロールしないと気がすまない人は、セルフエスティームが低いと言えます。

こうして挙げていくと、セルフエスティームが高い人ってのは企業のトップに昇りつめるような人です。

逆にセルフエスティームが低い人とはどういう人間か?

自分に対して自信がないから、常に軽いうつ状態を患っていたり、ストレスを溜めこんでいるような人間です。そういう人間は他人に対しても人を信用していないから、平気で人を攻撃します。自分のことは棚に上げて、誰かに対して自己中な考え方を押し付け主張したり。
ネットのアンチクズ的な行為をやってる人間なんて、セルフエスティームが低い人ばかりですね。自身が閉塞的でみじめな生活しているから、他人に嫉妬して匿名で誰かを攻撃しなきゃ生きていけないバカばかり。
またツイッターなどで、あいつはどうだクソだと貶してばかりいる人間も同じ部類ですね。

セルフエスティーム(自分を尊重する気持ち)が高いとミニマリストになれるって本当?

そしてこのセルフエスティームの高さ・低さは、モノを持つ持たないにも密接に繋がってくるんですよ。

セルフエスティームが低い人は、いつも心が満たされておりません。それを埋めるために、ギャンブルに依存したり、買い物に依存したりするわけ。なので、金もない、無駄なものばかり溜めこむという結果に繋がります。

私のブログで何度か登場しているニコ生主「七原くん」なんて、このセルフエスティームが低い人間の典型的な例ですね。

セルフエスティーム(自分を尊重する気持ち)が高いとミニマリストになれるって本当?

彼はギャンブル依存ですし、いつも無駄な金の使い方をします。
それはいつも自分の仕事能力の低さに嫌気をさした結果であること。
その結果、30歳にもなってまともな人間の生き方をしてはいないのは明白です。
また彼は自分がADHDであることを決して認めず、病院にも行こうとしません。
ADHDならばそれに合った仕事・生活環境を考えることも重要です。

ですので、セルフエスティームを高めるためにどうすればよいかは、最初はミニマリストに徹することです。

モノを持たない生活をすることによって、まずモノを購入しませんからお金が貯まります。自分自身は充実した暮らしを送っていると考え愛しますから自暴自棄にならず、ストレス溜めて衝動買いなんてこともしませんからね。
そしてさらに自分自身を高める向上心を持つようになりますから、自身の自分軸をしっかりさせるためにいろんな見分を見極めます。
自身の知らない世界を積極的に求めることが必要不可欠になってきます。

結果、私自身、セルフエスティームを高めるさらなる行動は「旅行」だと思ってますね。
それも、同じ場所ばかり行くようなマンネリでは向上はありませんから、常に新天地を求める旅です。
このことは以下でも述べておりますね。

外食好きなのに1つの飲食店の常連になったりまた旅でのんびり過ごすことがない私の理由とは?
私の旅は並の人間と比べて、とんでもなく激しく動き回ることが多いです。 2005年以降の旅については、全て旅日記を執筆しておりますので、...

私自身、セルフエスティームは非常に低かったと思いますので、このセミリタイア生活でミニマリストに徹し、どんどん高めていくことを目指します。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】
スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。