海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

地震後、品薄状態の野菜でしたが4店舗ほどスーパーを巡って、なんとかいくつか買い揃えることができました。

中でも一番買いたかったのが白菜やったんですよね。
しかし4分の1サイズでも150円くらいと高騰が続いていた中、98円で特売されているお店に辿り着けた(^^)

この白菜を使います。

海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

あと使うのは、冷凍しておいた、海鮮(海老、イカ)と豚肉ですね。
我が家ではしっかりと買ったものは大きいパックのものは小分けし、海鮮もイカなんて捌いてパックにしてます。
あ、けど、この作業はB型の細かい性格である相方の仕事。
おおざっぱO型の私には、こんな芸当はできませぬ。

本日はあっさりな中華塩炒めを作っていきますよ。

スポンサードリンク

まずは一番かたいとこから炒めていきます。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

私の調理は基本、鍋1つ、フライパン1つでできる男料理って方向性で作りますので、調味料を別に混ぜ合わせたり、一旦引き上げてとかややこしいことはしません。
すべて同じフライパン、鍋にごっちゃにぶち込んでいくのが私のやり方。
今回も、白菜の芯の部分を、ごま油で炒めるところから始めます。

あとは豚肉、イカ、エビという順番ですね。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

中華系の炒め物は、こうしてフライパンにどんどん投入していくだけですから簡単なもんです。

あ、そうそう、今回使っている調味料ですね。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

ごま油以外では、味の基本はウエイファンの鶏ベース。
ウェイバーなど、市販で売られている中華調味料で充分です。
ホントはあれば紹興酒を使いたいんですが、料理酒で代用。
そしてあっさり味に仕上げたいので、おろし生姜。
あとはオイスターソースが少量。
塩炒めと書いておきながら、一切塩は入れないのが今回のコツ(^^;)
中華調味料には塩が入ってますからね。

白菜の緑部分は最後の方に入れてください。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

さらに半額になってたニラも今回入れてみます。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

ただ、このニラは今回の塩炒めにはないほうがええと思います。
ニラは香りがきついですから、完全に味が変わっちゃいますからね。

最後に、ぬるま湯で戻したきくらげを散りばめて完成。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

さーて、どんな味に仕上がったかな?

あ、すいません、もう1つ行程あります。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

水溶き片栗粉であんかけしてください、これで完成です。
基本はいつも作っている八宝菜づくりがベースになっています。

いただきます。
海老・イカ・豚肉を中心に中華風ニラ白菜塩炒め(八宝菜作りがベース)

うん、外さないね~
すっごくこれ旨いわ。
ニラが加わることで、八宝菜っぽさがなくなってる。
イカ、エビの海鮮の出汁もしっかりでてるし、白菜の甘味、そして豚肉もええ味出してる。
こんな中華料理は外で食ったことがない味やけど、相当美味しいのは確か。

中華の炒め物は、ご覧のとおり、フライパン1つで適当にやっても、調味料さえ揃えておけば誰でも簡単に本格的な味が出せます。
ウェイパーや創味シャンタンなどの中華調味料をベースに、あとは、オイスターソース、豆板醤などを適当に混ぜればええだけ。
忙しいサラリーマンの晩飯にも最適ですよ。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】
スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。