傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル海鮮炒めもの

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

冷蔵庫一掃シリーズ。

野菜もね、通常相場よりも安いなって特価品があればついついカゴに放り込んでしまいます。
この時はキャベツが半玉で50円やったんですよ。

焼肉するときに、そのキャベツは使ったんですけど、その後放置しておりました。
すると結構表面は、茶色く変色したところが目立ってきてたんですよね、こりゃなんとかせないかんなと・・・

傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

一番下に写ってるキャベツ、相当ダメなんわかりますでしょ?
冷凍室から海鮮食材2点、イカと海老です。
そしてあと、白ネギに、しめじといった食材。
一緒くたになんかするには、鍋で煮るか、フライパンで炒めるかです。
この食材なら・・・炒める方ですね(^^)

スポンサードリンク

麺を2種類準備。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

17円の焼きそば用麺と、パッタイ(タイ焼きそば)作りにも使ったセンレック(米麺)。
この2種類を組み合わせた、オリジナル焼きそばでも作ることにします。

まずは、傷みかけのキャベツから変色してた部分を取り除いて先に炒めます。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

しっかり火を通すことから始めますね。
そして、そのしんなり変身したキャベツは一旦、ボールに引き揚げます。

次に、そのフライパンには玉子を3個投入。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

スクランブルエッグ状にします。
バンコクで食う、こういう炒め系麺類にはほぼ玉子が入ってました。
この際、中華調味料、ウェイパーなどで、味付けもしておいてください。

あ、あと野菜もうちょい欲しいなと玉ねぎスライスも加えました。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

そして先に炒めてたキャベツ、しめじ、長ネギも入れ、さらに炒めます。

ここで隠し味。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

沖縄食材のコンビーフハッシュ。
こういう炒め系料理に味変化を与えるには、非常にええ食材です。

沖縄のご当地食材「コンビーフハッシュ」を使った残り野菜&肉チャンプルー
先日、楽天マラソンのポイントアップのために以下の手法を使いました。 1000円で購入できるグルメもの。 その購入基準としては...

さらに今回の味付けには複雑味を与えます。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

パッタイに使うようなタイ系の調味料と、香港焼きそばを作るような中華系調味料の組み合わせ。果たして、両者が融合するとどんな風になるかわからんが、混ぜてみることに。

解凍した海老とイカも投入。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

あまり火を通し過ぎてパサパサにしたくないので、私は最後の方に入れますね。

焼きそば麺と、湯がいて戻した米麺を加え、さっと和えて完成です。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

この段階でしっかり味見して、足りない調味料を加えるようにしましょう。
今回の場合、ちょっとしょっぱみが足りなかったので、ナンプラーを追加しました。

では、いただきます。
傷みかけキャベツをメインに♪タイ[パッタイ]と香港焼きそばを融合したオリジナル炒めもの

緑が足らないなと、ちょっと小葱を散りばめました。
味は・・・過去一切食べたことのない味です!
東南アジアと中華が両方確かに主張してくるんですよ。
なんの説明もなく、この得体の知れない炒め物を食べさせられた方は、なんじゃこれ?って思うでしょうね(^^)
訳わかんない料理だけど、いろんな味が見え隠れして登場して、めっちゃ美味しいんです。
絶対に、どんな調味料が使われているのか、正解しないでしょうね。
おそらく醤油ベースに何かエスニックなスパイスを施したって思われるはずです。

普通のレシピに飽き飽きして、オリジナルの炒め物を作ってみましたが大成功でした。これからも、食材、調味料は変えて、こんなアジアエスニック料理を考えていきたいと思います。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。