よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

私の簡単男料理の基本は、調理道具は1つしか使わないこと。
なので、調味料混ぜ合わせるにも容器使わず、そのままフライパンか鍋に直接ぶち込みます。

その結果、多くなる料理はフライパン1つだけを使った炒め料理。
中華系の炒め料理も今まで数多く作ってますね。

そんな中、なんでこの料理は作って来なかったんやろ?って改めて思いました。

「豚の生姜焼き」です。

大衆食堂に行けば、大概は常時メニューで作ってもらえますよね。
それだけ簡単な料理です。

今回、アメリカ産ではありますが、肩ロース肉が安く手に入りました。

よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

元の値段が100g99円。
それが半額になってますから、豚肉は国産にこだわって購入している私ですがこれは例外です。
それに生姜焼き用って書いてますし、忠実にその言葉どおりに料理していきましょう。

スポンサードリンク

では、作っていきます。
よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

そう小麦粉をまぶすのも、フライパンの上でやっていきますよ。
できるだけ洗いものを増やしたくない、これぞミニマリスト節約生活男の料理です。

まずは軽く焼き色をつけるくらいで焼いていきます。
よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

一旦フライパンから引き上げますね。
ただ、ここで使った皿は、ちゃんと拭いて食べる時にも使います。

生姜焼きの味付けはホント簡単ですね。
よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

酒、みりん、醤油、砂糖の和食基本調味料におろし生姜を加えるだけ。
この調味料で、しっかり味が沁み込むように煮込んでいきます。

我が家の豚しょうが焼き定食(^^)
よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

今日も美味しい晩酌が出来そうだ。

豚しょうが焼き。
よく考えたらこんなメジャーな炒め料理を一度も作ってなかった「豚ロース生姜焼き」

これは誰が料理しても、こんな味になるでしょう。
無難だな~ご飯によく合うおかずです。
しかしこのアメリカ産ロース肉は、こんだけ安いのに臭みもなく柔らかいです。
買ってこんなにもお得感のあるお肉はそうそうない。

あまりにも簡単に作れちゃうから、生姜焼きって作って来なかったのかも。
やっぱ自身としては、豚肉は中華炒めのメインにこれからも使うことが多そうです。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。