避寒旅から帰還しての大量睡眠は今回の大病が大きな要因なのかもしれないな・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

先日、こんな記事を書きました。

長期避寒旅では慢性の寝不足・・・帰宅後無職というありがたい環境で睡眠をむさぼる毎日♪
今回の長期避寒旅はほぼ100%、綿密に立てたスケジュール通り、おおまかに事は進行したと記事にしました。 しかし、常に旅ではのん...

帰還後、睡眠時間が大幅に増えたのは、旅中の睡眠不足が原因と考えておりましたけど、実はそうではなかったみたいですね。

今回、手術までした大病が原因であったと考えられます。

避寒旅から帰還してからの大量睡眠は今回の大病が大きな要因なのかもしれないな・・・

確かに旅中も体を騙し騙しで、かなり酷使して使っていたと思います。
旅が終わって帰って来た時には、体重は2kgも落ちておりましたしね。
そして、帰宅後1週間は安静にして、眠りたい時に眠ってって生活してたけど、結論として体調は回復せず、私にとっては重い病気だと判明したわけですが。

スポンサードリンク

私は人間の治癒能力は、睡眠時に大幅に発揮されるという持論を持っております。

避寒旅から帰還してからの大量睡眠は今回の大病が大きな要因なのかもしれないな・・・

起きていると、いろんな事を必ず考えてしまいますよね。
その中にはマイナス面のことも必ず含まれております。
その結果、神経系に負荷がかかり、ストレスが蓄積されていくことに・・・
しかし睡眠をとって体がリラックスして来たら、神経系の緊張が緩んで疲労が解消されます。
すると体の回復機能はめいっぱい活動できていると思うんですよ。

不治の病である「ガン」もこの治癒能力によって、初期の発生時には撲滅されていると私は思っていますね。

なので、ちょっとした風邪をひいたときは、すぐに布団に入って、できるだけ横になることを心掛けております。

今回の手術後、翌日なんて、相当、体は弱り切ってたと思います。
多分、他の合併症に対する抵抗力もだいぶなくなってたことでしょう。

すると私に体はどう反応したかと言うと、ほぼ寝続けていたんですよ。
24時間のうち、15時間は寝てたと先日書いたとおりです。
自身の体は弱った時にとにかく寝るという、そんな行動が無意識にできるようになってるみたいです。

今までの生活で大きな病をしたことがなかったのは、この睡眠力によるものだと思っています。

避寒旅から帰還してからの大量睡眠は今回の大病が大きな要因なのかもしれないな・・・

毎日暴飲暴食を繰り返してたサラリーマン時代・・・
体もどんどんデブってきて、多分50,60代で死ぬことになるんやろなって思ってた体ですが、セミリタイア後、ストレスフリーの中で生活出来て、栄養バランスもしっかりとした自炊生活を送るようになって、寿命は伸びてきてるんだろなって感じます。
これからもしっかりと睡眠をむさぼる毎日であり続けたいですね(^^)

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。