あなたは半年間の厳しい寒さを補うくらいの夏の涼しさを選択しますか?北海道移住とは?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

既に3月後半に入って、皆さまの地域には春の訪れがやって来ていることでしょう。

しかし私が住んでいる地域は「旭川」。

あなた半年間の厳しい寒さを補うくらいの夏の涼しさを選択しますか?北海道移住とは?

3月終わりでも雪は溶けることなく、その生活は元々関西人の私には支障があります。
外を出歩こうって気を、この積もった雪は制限させるんですよね。
私は元々、外出せず、部屋に引き篭もるってことが出来ない性格です。
その私がこの半年間、買い物行く以外、ほとんど外へ出ることがなかったんですよ。

スポンサードリンク

しかし、この雪国生活もあとわずかなんですよね。

4月も終わりに近づいてくると、この雪は全部溶けていきます。
そして待っているのは、からりと乾燥したすがすがしい夏。
あのジメジメした梅雨もなく、6月の気温は20度程度でしょう。
7月、8月も30度を超える暑い1日は5~10日程度でしょう。
昨夏、札幌セミリタイア生活をずっと過ごした私には、その涼しさは1度実感しておりますからよく分かります。

あなた半年間の厳しい寒さを補うくらいの夏の涼しさを選択しますか?北海道移住とは?

先日、旅行で九州北部に行った時に思いました。
なぜ2月終わりやのにこんなに暑いんやろと。

気温は夜行動してた時、5度程度やったんですけど、コート・ジャンパーは一切不要でした。
ロンTに上に薄手ジャケット1枚羽織るだけで充分やったんです。
なんせ、日中でも気温マイナス10度という地で過ごしてきた私。
元々、暑さに弱く、寒さに強い体質のデブやったんで、旭川のこのマイナス温度にはすぐに適応できたんですよ。
気温5度でも暑く感じるようになったんですよね。

旭川の短い夏ですが旭川は盆地なので、札幌よりもほんの少しだけ暑いですね。
しかし最高気温30度を超える日は昨年度で10回あっただけです。
あの人生で最高に過ごしやすい夏やった札幌生活を再現できるでしょう。
さらに現在のこの旭川生活の部屋、北海道には珍しくエアコンがついてるんですよ!
暑い日は、部屋に籠ることも可能。
札幌生活ではエアコンがなかったんで地獄のような約10日間がありました。
ずっと水風呂に浸かりながら、パソコンの動画見てた日々やったわ(^^;)

あなた半年間の厳しい寒さを補うくらいの夏の涼しさを選択しますか?北海道移住とは?

このように気候という観点では、北海道は生涯永住する地になるかなと思っています。
但し、その地は旭川ではないですけどね(^^;)
相方が現在の仕事のしがらみがなくなれば、札幌へ移転するほうがいい。
札幌の方が気候も穏やか、雪も少なく、そして生活の便も人口200万都市なんで遥かにいい。
そして家賃も人口100万人以上都市では一番安いという利点もあります。

もう本州へ戻れない体にはなってしまったと思うけど、また札幌市民に戻る可能性は大です。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。