100円ショップ「かんたん餃子」って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

先日、ダイソーに行った時にこんなのを見つけました。

100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

「かんたん餃子」という調理器具です。
餃子は下ごしらえがめっちゃ面倒ですけど、皮で包む作業も大変ですよね。
その作業がこれで簡略化できるなら、100円やし有効かなと購入してみました。

スポンサードリンク

今回使う食材は以下のとおり。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

ニンニク、ニラ、キャベツ、白菜、そして豚挽肉はいつものとおりですが、違うのは「大葉」。今回ヘルシーなしそ野菜餃子も作ってみたいと思います。

ご覧のとおり、ボールに2つ分けました。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

一つはニンニクもミンチもたっぷりのスタミナニンニク餃子。
もう一つが、ニンニクもミンチも控えめにして、大葉を刻んだものを入れたしそ野菜餃子です。

私の餃子作りは、調味料を複雑に組み合わせます。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

家にある中華系の調味料は全部入れてしまいます。
こうすることで、必ず店で食べるものよりも遥かに旨い餃子が出来る。

これらの材料と調味料とを、捏ねて捏ねて捏ねまくる!
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

ちょい焼いて味見して足りない調味料を補完してもええが、今回漂ってくる匂いでこりゃ美味しい餃子になると確信。
試し焼きなしで、包む作業に取り掛かります。

過去、色々試してみて、美味しいなって思った皮がこちら。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

コープで売っている、大判餃子の皮です。
包みやすいし、モチモチした食感が非常にええ。

では、今回の100円「かんたん餃子」に活躍してもらいましょうか。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

やりかたはホント簡単です、皮の真ん中に餡を置いて、ぎゅっと閉じるだけ。

こんな感じですね。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

これで綺麗に出来れば、時間短縮につながるな。
それにちょっとお手軽にいつでも少量でもめんどくさくなく餃子が作れる。

げげっ!
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

餡をのせすぎたせいか、皮が破れてはみ出してしもうた!!!

かといって、餡を少なくしてうまく出来てもこんなのなんですよね・・・
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

明らかに不格好やし、私は餡のジューシーさを求めるのでたっぷりいつも詰めるんですよ。
こんな少量の餡やと、私の美味しい餃子ではない。

ちゅうわけで、この2個以外は、自分の手で包みましたよ。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

ものぐさすると美味しいもんはできないという教訓・・・

もう一皿分、包みました。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

どうです?美しいもんでしょ?
やっぱ餃子はこうでなきゃ。
私は料理の見た目美しさと美味しさは比例すると思ってます。
今回も美味しそうな生餃子がでけた。

焼きます。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

やっぱこのコープの大判餃子の皮も優秀やわ。
焼き目がすっごく綺麗なのがお分かりかと。

そして、今回2種類の味にしたことで、その味変化も面白かった。
100円ショップの簡単餃子って便利?こってり「肉にんにく餃子」とあっさり「しそ野菜餃子」

まず、しそ餃子を食べるとあっさりし過ぎて物足りない。
けど、スタミナ肉餃子の濃厚な後に、しそ餃子食べると、そのあっさり感がめっちゃ旨い。
スタミナ→しその交互に食べました。

めんどくさがらずに、これからも自分の手で餃子は包んでいきます。
外で餃子食べなくても、自分が作る餃子が一番旨い。
そういや「餃子の王将」なんて、もう1年以上食べてないぞ。
こんなの人生で初めてだ。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。