これは北海道でなきゃ食えない真鱈の白子を使った「たちポン」(白子の刺身)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

皆さん、鱈の白子を、生のまんまでいただいたことありますでしょうか?
北海道の方はもちろんあるよって答えられるでしょうし、本州の人間は食べたことないって答えるでしょう。

そう冬のめっちゃ寒い時期に獲れる北海道の鱈の白子の新鮮なものは、ほぼ生で食えるんです。私自身、北海道に来て、昨年の冬に食べて衝撃を受けましたね。

なんて旨いんやろ!!!

今回その白子、刺身で食えるレベルのが半額になってました。

これは北海道でなきゃ食えない真鱈の白子を使った「たちポン」(白子の刺身)

冬の寒い羅臼で獲れた、真鱈の白子です。
北海道では、白子は「たち」って呼んでいるんですよね。
そんな「たちポン」を今回作ってみたいと思います。
あ、ちなみに北海道では助宗ダラの白子も出回ってますが、これはたちポンにしたらダメですよ。
助宗ダラの白子には寄生虫がいるんですよね。
こんなの生で食うと、お腹を壊すレベル以上にひどいことになるかもしれません。

スポンサードリンク

今回のこの真鱈白子は、「たちポン」にできる充分な新鮮さがあります。
これは北海道でなきゃ食えない真鱈の白子を使った「たちポン」(白子の刺身)

なのでパッケージにその作り方も載せてましたもん。
食べやすい大きさに切って、熱いお湯にさっと10秒ほどくぐらせるだけ。
全く茹でません。
これで完成です。

どうです?ほぼ生の状態。
これは北海道でなきゃ食えない真鱈の白子を使った「たちポン」(白子の刺身)

熱湯にくぐらすことで、少し引き締まります。
あとは、これをポン酢につけていただくだけ。
あ、薬味にもみじおろし、葱などがあれば加えるんもええですけど、私は今回、このタチの味をダイレクトに味わいたいので、薬味はなしで。

まあ、感動する旨さです。
これは北海道でなきゃ食えない真鱈の白子を使った「たちポン」(白子の刺身)

私は元々白子って大好きな食い物なんですけど、これ食べると今まで食べた白子はなんだったのかって思うくらいに飛び抜けて旨いです。
にゅるるんとしたクリーミーな旨さ、本州の皆さんは食えないもんな~
寒い冬を我慢して生きている北海道民の特権ですね(^^)

もし冬の北海道に来ることがあれば、たちポン是非食べてみてくださいな。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。