寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

我が家では月1回くらいペースで、見切り品で購入し冷凍してた生ものを使って手巻き寿司にします。
今回も5種類のネタが揃ったんで、早速やっていきましょう。

まずはこの2点。

寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

クロアチア産本マグロ中トロが半額280円。
そして宮崎産のブリが20%引きの221円。
中トロは2か月前くらいに買って冷凍してたもんなんで、かなり冷凍焼けしております。
買った当初はもっと赤みがかってたんですが、どす黒く変色しましたね。
特に中トロなんで脂分が多いでしょ?
油脂が酸化しやすいんですよね。

スポンサードリンク

あと3点。
寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

アブラガレイ20%引きで、175円。
相方の大好物、とびっこ20%引きで、318円。
たらこが半額で約200円です。
アブラガレイの刺身は北海道来てから初めてスーパーで並んでいるの見かけた。
そんな元が高い値段ではないし、20%引きでも購入です。

合計5種類のネタを使った手巻き寿司。
寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

果たして一番旨いのはどれでしょうね(^^)
一人頭大体600円(2人分)くらいの原価がかかっております。
ただこれ1食では食いきれる量ではないので、翌日昼も含めてこれだけのボリューム。
1人1食約300円で寿司食えるなら、お得でしょ?

まずは楽しみにしてた、アブラガレイ。
寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

この魚、北海道の回転寿司屋に行けば、大概どこでも安めの値段設定で回っています。
すぐに鮮度が落ちる魚で、落ちると臭みがかなり出るから、北海道以外では刺身で出回ることはほぼないです。
このアブラガレイはまだ鮮度保ったまんまでした(^^)
白身のあっさりさとほどよくのった脂がたまらなく旨い。

中トロとブリ。
寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

中トロはそうとう味は落ちたもんになってるかと思ったけど、見た目ほどは全然大丈夫。
臭みは若干の箇所に感じたけど、ほぼ大部分の美味しさはそのまんまやった。
で、やっぱ寒ブリの時期はこの脂のってるブリは旨いよね、はずさない。

とびっこにタラコ。
寒ブリ・中トロ・あぶらがれい・たらこ・とびっこの定番手巻き寿司

私はタラコには必ずマヨネーズですね。
こういうマヨネーズつけて食べる手巻きは1つは欲しい。
安くすますなら、シーチキン巻ですね。

今回美味しかった順番に順位をつけると・・・

ブリ→アブラガレイ→たらこ→中トロ→とびっこの順番でした。

中トロはやっぱ冷凍庫に保管し過ぎですね。
買ってすぐに食べていれば1番でしょう。

以上、月に1度の手巻き寿司風景でした。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。