北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

ちょうど半額シールが貼られている時間に、こちらのお魚が半額になりました。

北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

私の親指が少し写っているんで、大きさは分かると思いますが、結構立派な型のハタハタが3尾で、120円。
ハタハタは一夜干しはよく売ってますけど、こうして生ではなかなかお目にかかれない。
この魚、身が非常に柔らかくって、すぐに傷んじゃうんですよ。
なので、日本海側で獲れる魚ですが、太平洋側のスーパーでこの魚がまず生の状態で売られることはほとんどありません。

購入してすぐ、これは冷凍せずに調理することにしました。
まず、お腹の内臓が一番危ないんで、これは全部取り除きます。

スポンサードリンク

今回は煮付けにします。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

いつもように、私は煮付けでもしっかりと出汁をとる作業から。
関西風の薄味煮付けにしないと、この淡泊な白身魚の味を損なってしまいますからね。

あとの味付けは、基本だけ。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

しかし、醤油、砂糖はかなり控えめにね。

内臓をとったハタハタを3尾並べます。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

このとき生姜を切らしていたんで、おろし生姜で代用。

じっくりと中火で蓋をして、煮付けていきます。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

まず5分ほどこの状態で、さらに弱火にしてまた5分、そして冷まします。

繊細な魚やから不格好な煮付けになってしまった・・・
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

この点、素人料理なもんですいません。

さらにひっくり返して、同じ工程を繰り返します。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

うん、まあこんなもんでええでしょ。

ボロボロになってしまった完成図・・・
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

まあだけど、他にネットでハタハタ煮付け写真見てもこんなもんやったんで、失敗ではないですよ。

見てのとおり、私の煮汁はほとんど色がついてません。
北海道産「ハタハタ」が半額!この繊細な身なら関西風の薄味煮付けが一番やね

しかししっかりと鰹と昆布の風味が主張してるんで、この煮汁で酒が呑めるくらいに完璧。
また今回のハタハタには、このくらい薄味に仕上げたのがすっごく合ってます。
白身の味をうまく引き出せている。

魚の煮付けはあまり一人暮らしの時はめんどくさくて作ってなかったんですけど、もう慣れてきました。
今後もいろんな煮付け料理を作っていきたいと思います。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】

スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。