冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

先日の地震による30時間長期停電の後・・・
冷蔵庫はしっかりと対策したんで、無駄な廃棄食材を出さずに済みました。

地震から約30時間経ってようやく停電復旧です~今回から学んだ教訓を振り返ってみる(その6)
日があるうちに、晩御飯も全部終わらせました。 食べ終わると時間は夕方18時・・・既に薄暗くなっております。 停電は・・・...

しかしやっぱ30時間冷やされていなかったし、早めに入ってたもんは消費していこうと思います。中でも、肉よりも海鮮が心配やったんで、冷凍室から以下のものを取り出す。

冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

帆立、鮭、ビニールに入っているのは捌いたするめいかです。
あと、豚バラ肉も小分けにしていたのを1つ使おう。
こんな時に便利な料理は「お好み焼き」

ただいつもの関西風お好み焼きを作るのも芸がないんで、少しアレンジを加えます。

スポンサードリンク

私、今年はバンコクへ旅行に行きました。
その時にタイ風お好み焼きのホイトートを食べたんですよ。

バンコクでナンバー1に超高級な商業施設?「セントラルエンバシー」へ
https://bkyugourmet.net/2018bankok16/

ちょっとこの作り方を参考にしてみます。

まずは生地作り。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

基本ココでは味付けは全然しません。
小麦粉と水のみで。
しかし我が家ではたこ焼き粉を使っています。

具材もご覧のとおり、細かくカットしておきます。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

海老の風味も欲しいので、干し海老も入れることにしました。

そして、ソースは完全にタイらしい味に仕上げます。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

これだけのものを配合。

2種類作りました。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

トムヤムクンスープ味と、カオマンガイタレ味と意識して作ってみました。
これを今回作るお好み焼きにかけていただきます。
あ、あと両方ともに、おろし生姜を加えてます。
本場タイでも生姜はかなり多用されてました。

まずは具材を炒めることから始めます。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

ここで味付けはしません、あくまで今回作ったソースにつけていただくんでね。

そこに生地を流し込み、キャベツをのせます。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

本来ホイトートにはもやし玉子焼きなんですけど、もやしないのでこんな感じで。
さらにこの上に、玉子焼きをのせます。

ひっくり返した図。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

さすがに生地が柔らかすぎてうまくいきませんでした。

けど次からはうまくいきましたよ。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

但しホイトートに似てるかと言えば、全く似ていません。
完全に日本のお好み焼きです、しかももっちりしている。

ただ、今回作った2種類のタイ風ソースにめちゃめちゃ合うんですよ(^^)
海鮮お好みにエスニックなこの辛味は最高だ。

引き続き味を変えます。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

今度はモダン焼き風にしますね。
ラーメンを茹で、これを焼きそばがわりにします。
このラーメンも冷蔵庫でしばらく常温になってたから、早く使いたい。

普通に日本の豚海鮮ミックスお好み焼きに。
冷凍庫の海鮮一掃作戦!タイ「ホイトート」の要素を取り入れたエスニックお好み焼き

しかし生地が全く日本のお好み焼き用に作ってないから、得体の知れないもんになっちゃいましたが(^^)

食べてみると、普通にソースで食べると、違和感あるんですよね。
で、作ったタイソースで食べるとぴったりくる。

今回適当に思い付きでやってみましたが、すっごく美味しかった(^^)
もうちょい日本とタイの融合料理も研究して作ってみたいと思います。

↓お勧めリンク↓

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活【電子書籍】
スポンサードリンク

コメントの入力は終了しました。